話題のトレンド情報について調べてみました。

menu

くろ~ばぁの気になる出来事

リオオリンピック 治安の悪さもあり辞退する選手たち

リオデジャネイロはブラジルの南東部の位置にあります。1960年ブラジリアに遷都するまではブラジルの首都でした。日本との時差は12時間。まさに地球の裏側って感じですね。

開催期間は 8月5日(金)~8月21日(日)

今から開催が楽しみで出来るだけ多くの試合を応援する予定なのですが、ニュースなどでよく言われる治安の悪さを心配しています。

スタジアムなど会場建設工事の遅れ、水上競技会場の水質汚染、インフラ整備、スポンサー不足、宿泊施設不足等、現在、様々な問題が浮き彫りになっています。

交差点で、ふらっと現れた少年が、いきなりネックレスを引きちぎって持っていったり、窓のあいたバスに近付き腕時計を盗んだりと、人目を気にすることなく手馴れた子供たちによる強盗も少なくありません。殺人や発砲事件も起こっています。

参加する選手たちは「選手村から出なければ大丈夫」と話し、錦織圭選手など一流の選手も選手村を利用するようですが、億単位の年収を稼ぐトッププロが選手村を利用するのは異例とのこと。

選手村では規則もあり、何かと制限されるみたいですが、他のアスリートと交流が持てて仲良くなるという良い面も沢山あります。

しかし、リオを実際訪れた人や滞在している日本人の多くは「ものすごく魅力的な街」と良いイメージを持っているようです。

夏と冬の寒暖差は5℃くらいで、すばらしいビーチを一年中楽しめたり、親日の人が多く日本人と言うだけで、フレンドリーに接してくれたり、写真を求められたりするそうですよ。

ニュースなどで取り上げられた、横断幕をもった警察官たちの映像ですが、あれはほんのわずかの人たちが訴えてるだけだとか。デモが起こると何万人規模で起こるらしく、現地の人たちや沢山の同業の人たちはしらけてるそうです。

皆さんが想像しているほど危険ではないみたいですよ。たしかに想像しているほど危険だとスラム化していきそうですし、カーニバルやってる場合じゃないような気はします。

今回の男子トッププロの辞退騒動は、ゴルフ界にとって大きなマイナスイメージになりました。世界ランクトップ10のうち1~4位のデー、D・ジョンソン、スピース、マキロイ、8位スコット、10位グレースの6人が辞退。一方女子は全員参加(10位張ハナは韓国5人目で出場できず)と、男女で対照的でした。

ゴルフのオリンピック出場権は、7月11日の世界ランキングをもとにオリンピックランキングによって決まります。日本ゴルフ協会は7月19日に都内で会見を開き、日本代表を正式に発表しました。

女子は、世界ランキング22位で、アメリカツアーで今シーズン2勝を挙げている23歳の野村選手と、世界ランキング43位で今年4月の国内ツアーで通算17勝目を挙げた大山志保選手が選ばれました。

一方、男子は、世界ランキング17位の松山英樹選手と69位の谷原秀人選手が、ジカ熱や治安などへの懸念を理由に出場を辞退したため、93位の池田勇太選手と107位の片山晋呉選手が繰り上がって選ばれました。

ジカ熱感染のリスクと治安への懸念

ジカ熱は蚊が媒介する感染症で昨年から今年にかけて中南米で流行しました。ジカウィルスに感染した女性が妊娠すると、子どもが小頭症などの障害を持って生まれる可能性があるといいます。

ブラジルでもそうした症例が数多くありました。ゴルフは蚊がたくさんいそうな草や木立の中でプレーします。実際、プレー中に刺されることも多いようです。

男性がジカウィルスに感染しても軽い発熱や頭痛などがある程度で重症化することはないようですが、そのウイルスが家族や周囲の人に感染する可能性はあるわけで、リスクを避けたい気持ちは分らないこともないですね。

東京オリンピックも控えてますし、世界中が盛り上がって成功することを願っています。

執筆:坂本編集員
適度な運動とサプリでの栄養補給でベストコンディションの私のプロフィール
(顔写真付き)は下記のURLをクリック(タップ)するとご覧いただけます。
http://kenbi-denshin.com/nagasaki/sakamoto

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930