人生は自分を磨きの旅。自分にエールを送ることでハッピーライフ。今日という日を大切に!

menu

自分磨きでハッピーライフを応援するブログ

生き方は選べる!

元気★ハツラツはらちゃんです~♬

◆今朝の気づき・・・・・《生き方は選べる》

私たちは、「死に方」は選べなくても「生き方」は自分で選べます。神様は、キット境遇は選べなくても、私たちに生き方だけは、選べるようにしてくれたのだと思います。

【今日のメンターの言葉】
★  境遇を選ぶことはできないが、生き方は選ぶことが出来る。不遇な境遇でも、実力で這い上がった人は、沢山いますね。人間は、境遇を選ぶ事は出来なくとも、生き方を選ぶ事は出来るのです。境遇の違いは、誤差の範囲であり、大した問題ではありません。

人間にとって、生き方をどう選ぶかが、重要なのだと思います。生き方を選ぶのは、自分の責任であり人生の大きな課題です。シッカリと考えて行かなければなりませんね。ずっと辛い人生を選ぶのも、ずっと幸せな人生を選ぶのも、その人の「生き方」です。どちらを選ぶかすべては自分次第ですね。今を真剣に生き感謝する事が、この世に生まれてきた意味でしょうね。

本田健さんは以下のように書いています。

「楽しく実りの多い人生を生きたいなら、素敵な人と一緒にいることです」

家族や職場関係者は変えることができないが、友達付き合いは100%自分の力で変えることができるのです。素敵な人に常に囲まれていることで、あなた自身もその人たちに感化され、素敵な人に変化していくのです。自分の周囲にいる人を、素敵な人に変えていきましょう。

「人生には期限がある」と覚悟すると…「自分の命をどのように使おうか?」という疑問が湧いてきます。『命』を『使う』と書いて、『使命』。使命とは、『志』のことです。つまり、死を意識するようになると、『志』をもてるようになるのです。そして、志をもつと、もっともっと情熱的に生きられるようになります。「自分だって死ぬ」ということを、なるべく早く心に刻んだほうが良いのです。

曹洞宗の開祖・道元に、このような逸話があります。

ある修行僧が、「どうして努力する人と、しない人がいるのか?」と尋ねると、道元はこう答えました。「努力する人間には志がある。しない人間には志がない。その差だ」
次に修行僧は、「どうして志がある人と、ない人がいるのか?」と尋ねました。
「志のある人は、『人間は必ず死ぬ』ということを知っている。志のない人は、『人間は必ず死ぬ』ということを本当の意味で知らない。その差だ」と道元は言っています。

自分の人生です。人と比べて落ち込まなくていいんです。突っ走るスタイルもあれば、一休みしながら進むスタイルもあるんだから。自分自身が納得できる生き方を見つけてくださいね。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。