人生は自分を磨きの旅。自分にエールを送ることでハッピーライフ。今日という日を大切に!

menu

自分磨きでハッピーライフを応援するブログ

東日本大震災が起きた日!悲しみと苦痛の先にあるもの!

3月11日は忘れもしない東日本大震災が起きた悲しい日です。
1万8446人の死者・行方不明者を出した東日本大震災は発生からもう6年を迎えました。
午後2時46分の大地震と大津波に襲われ、多くの人が犠牲となった悲しみは消えることはありません。
亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。

誰でも苦しみのない人生というのは考えられません。しかし、どんな苦しみであっても、この地上には永遠の苦しみというのはありません。

悲しみと苦痛は、やがて「人のために尽くす心」という
美しい花を咲かせる土壌だと考えましょう。

ヘレン・ケラー女史が、三重苦の中で、七転八倒の闘いの末に発した、
この【言葉の重み】には、凄いものがありますね!!

「私たちの苦しみや悩みは現実を受け入れろ」と言うメッセージかも知れませんね。

辛さ、苦しさを自分のものとして正面から受け止める。辛さ、苦しさの中でこそ魂は磨かれ成長してゆくのだと思います。
苦しみ泣いた日々も時間が癒やしてくれるなぁと思います。それは、大切な感情です。無理やり排除することはないです。
味わいきって、そして、これからどうするのか。

アドラーもこう言っています。

「出来事に対する意味付は全て自分次第である」
「どう意味付けするかは自分の選択である」

現実を一旦受け入れると、元気が出て来ます。

私たちが悩むのは自分の価値観と現実がずれているからです。

たとえば 誠意を尽くせば報われる。

たとえば 正しいことを言えば受け入れてもらえる。

そういう価値観に囚われていると、そうならない現実に苦しむことになります。

今日のメンターの言葉・・・・《悲しみと苦痛の先にあるもの》

辛さ、苦しさを正面から受け止めると、その中で【魂は磨かれ、成長してゆく】のです。

「悩みや苦しみ」が、《改善の意欲》に変化して来るからです。

その事が、今度は『人のお役に立つとき』に、『光を放って来る』のです。

流した涙は、無駄にならず、『むしろ優しさと強さになる』のです。

私たちは、「中々現実を受け入れられないから、悩みや苦しみが続く」のかも知れませんね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

50歳で大腸ガンを告知されましたが元気ハツラツの私のプロフィール
(顔写真付き)は下記のURLをクリック(タップ)するとご覧いただけます。
http://kenbi-denshin.com/fukuoka/editor/5280

健美伝心ブログも運営しています。
健美伝心福岡編


自分磨き ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031