人生は自分を磨きの旅。自分にエールを送ることでハッピーライフ。今日という日を大切に!

menu

自分磨きでハッピーライフを応援するブログ

つき合いを避けたいタイプの人間とは!

元気★ハツラツはらちゃんです~♬

◆今朝の気づき・・・・・《つき合いを避けたい人とは!》

人との出会いは大きな財産です。誰とどう過ごすかによって、人生は大きく左右されます。
自分を成長させてくれる人との出会いを広げるために、「付き合いを避けたいタイプの人間」を例に挙げ、自分に有益な出会いを増やすため、精神力を強く持つことをすすめています。

いい人生を送りたいと思うなら、関わる友人たちもいい関係で固めておきたいもの。もっと言えば、一緒にいて価値を見出せな人物と距離を置かなければ、どんどんと彼らの毒に侵されていってしまいます。精神力が強い人は、こうした無益な付き合いから距離をおくことができるのです。

前に出たがる目立ちたがり屋

派手好きで何でも見せびらかすかのような目立ちたがりタイプの人間は、とにかく自分の価値をおしつけたがり、他人にそれを証明させようとにやっきになるもの。本当は、そのことが逆に彼らの存在意義を小さなものにしてしまっていることにも気がつかずに。他人に対してうらやましく思われたいと努力することなんて、時間のムダです.他人を差し置いてでも、自分ばかりを優先するような人との関係は止めた方が良いのです。

他人に依存してばかりの人

大人になるにつれて、お金の価値観がはっきりしてくるものです。いつも金欠に悩んでいたり、おごられてばかりの人がいます。もちろん、彼らの生活が苦しい時は、友人として助けが必要な時もあると思います。問題はいつもおごられっぱなしで、まったく改善の余地なく、むしろそれに慣れっこになっているよう人との付き合いです。金銭面でルーズな友人とは付き合いを断るべきです。

面倒くさがりでサボリ癖のある人

怠け癖はある意味、非常に感染力の高い病気みたいなものです。つまり、怠け癖のある人と付き合っていると、気づかぬうちに自分まで怠け者に変わってくる。というのはよくあることです。どんなに精神力が強い人でも、怠け癖の感染力の前には手も足も出ない。もし、あなたが日々の生産性が下がっていたり、満足感が急降下しているようならば、交友関係に注意が必要です。
精神的に強い人たちは、人の話の骨を折ることもなければ、会話の邪魔もしないもの。ところが、口から生まれてきたかというくらい、ひっきりなしに話してばかりの人がいます。そういうタイプにかぎって、中身のない空っぽな話なんてこともよくあることです・さらには話を誇張したり、あることないこと話に盛り込んでくるような人の話には、誰だって信頼がおけませんね。

自己嫌悪に陥りがちな人

いつでもふさぎ込んでいたり、自分への不満ばかり抱えて自分一人が不幸のど真ん中にいるような態度を振る舞う人がいます。不運が一生続く人間なんてどこにもいないのです。たとえ、あなたの人生がどうしようもないからといって、それがどうだというのか?変に同情したり、一緒になって不幸ぶっていると、本当にこちらまで不幸になってしまうのです。

自分の殻を突き破れない人

これまでの人生で関わってきた人は、たとえそれが束の間であったにせよ、人生の旅のパートナーだ。自分で決めた道だとしても、必ずや誰かの影響は受けるものだから。この先、冒険するように人生を送りたければ今よりももっと刺激され、ワクワクできるような友人を見つけることです。

夢を語れない人

夢見ることができない人は生きていないも同然。夢見ることができなければ向上心など生まれるはずもないんです。人生はより良い方向へ進んでいくものと信じているなら、今日より明日が良くなるものと自分の努力を怠らないことだ。ところが、夢を見ず、夢見ることすら否定する人たちは、自分ばかりか他人の夢までもを叶わぬものと否定してくるのです。

他人を信用できない人

夢がない人以上にたちが悪いのは、夢が叶わぬものと信じ込んでいるような人自分のことすら信じれない人間が、どうやって他人を信じることができるのでしょうか?それは実生活の場でも往々にして見て取れます。悲観的でゆうつうな人生を歩み、成功を手にしたことがない人たち。この世に存在しながらも、自分が世界に何の影響も与えないと、あきらめモードの人たち。手助けが必要なときでも、彼らを信頼することは、残念ながら難しいとしか言えませんね。このつき合いを避けたいタイプの人間」を見分けることであなたは、有意義な人生を送れることでしょう!
最後までお読みいただき、ありがとうございます。


ライフスタイル ブログランキングへ

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ
にほんブログ村

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。