たとえ糖尿病と診断されてない人でも、血糖値が高ければがんを発症するリスクが高くなる言う調査結果を国立がん研究センターなどの研究チームが明らかにしたそうです。

この研究チームは、46~80歳の男女約3万人についてなんと最長で25年間も追跡調査を実施。糖尿病と診断された人を除く約2万8千人を調査対象に、直近1~2カ月間の血糖の状態を示す血液中のヘモグロビンHbA1cの値と、がんとの関連を分析しました。

HbA1cの値を「5%未満」から「6・5%以上」までの5段階に分類。「5・0~5・4%」を基準とした場合、すべてのがんのリスクは、糖尿病手前の境界状態の「6・0~6・4%」で1・28倍に、糖尿病診断の目安となる「6・5%以上」では1・43倍と高くなったそうです。

研究チームの過去の研究で、糖尿病患者ががんになるリスクは1.2倍(がんの種類別では最大4倍)と調査報告されています。

今回、糖尿病と診断されていなくてもHbA1cが高ければ、がんのリスクが高まることが初めて示されました。

データ解析をした後藤温(あつし)・東京女子医科大学助教(公衆衛生学)は「糖尿病の予防が、がんの予防につながる可能性がある」と。

血糖値が高いと細胞のDNAを傷つけ、がんの発症につながる可能性が考えられています。

また、がん細胞の増殖には大量の糖を必要とするため、慢性的な高血糖状態はがん細胞の増殖を促す可能性もあるとの事です。

自分は糖尿病には検査で引っかかってないと思いのあなた、年を取ってくると身体はガタが来るもの。定期的に血糖値も計りましょうね。

最後まで読んでいただいて有難う御座います。


糖尿病 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村