最先端の妊娠情報をお届けして、赤ちゃんの誕生をサポート

menu

HELLO BABY♬ 素敵な妊娠の迎え方

LATEST ENTRIES

妊活 卵子老化防止にヴァリューセットが効く理由

老化の進んだ卵子は、数が減るだけではなく質も低下。 老化した卵子では、細胞質の中にあり、エネルギーを供給する器官である、 ミトコンドリアが老朽化して機能低下を起こしていると考えられている。 ミトコンドリアがよく働かなくなってエ…

卵子の数は年齢と共に減っていく

妊活 精子 VS 卵子

精子と卵子の歴然とした違いは、その数。 毎日、1億個作られる精子 VS 生涯新しく作られることはない卵子。 卵子をつくる【卵祖細胞】は、一気に一生分の卵子約700万個を作りあげて消滅してしまいます。 この卵子の数のピークはなんと生…

「不妊治療=体外受精」ではない

妊活 人口受精と体外受精

人工授精と体外受精とは全く違う方法。 よく混同されがちだが、2つの方法は全く違います。 人工授精は元気な精子を集めて不純物を除いた精液を子宮の中に カテーテルで送り込みます。 1回あたりの費用は、数万円程度。 1回あたり…

どうやって妊娠しましたか?

妊活 現状把握

実際に35才以上で出産した人894人に妊娠方法を聞いたインターネット調査では、 結果はグラフの通りでした。 妊娠しなくなると、と盛んに言われる30代後半の女性ですが、妊娠した人に聞くと一番多かったのは 【自然に授かった】と答えて人…

妊活 私たちの役割

今回、現状を把握するにあたり、最新からちょっと古い本まで10冊以上の妊活に関する本を買い、 現在読書中。 その中でどの本にも、共通しているのは、不妊の原因。 卵子の老化・卵子の質の低下。 そして、その解決方法に関しては、 1.…

妊活 ホルモン補充法の危険性

ホルモン補充法 元々ホルモンバランスが乱れていたら、整えるのは必要。 より妊娠しやすくする事を目的に行う。 では、ホルモンとはそもそも何なんだろう。 よくホルモンを卵子や子宮の栄養剤のように思っている人が いるが、これは大…

妊活 日本の出産の現実の数字

今日の日本の出産の現状データ 初めて出産する人の平均年齢は、30.1才。 自然妊娠では、20才後半から、体外受精では、30代前半から妊娠率が 低下し、35才になると出産のリスクが高まり高齢出産と呼ばれるように なります。 高齢…

妊活 衝撃の事実(2)

世の中で噂されている妊娠法というのがあるらしい。 子宮を温める。 ホルモン療法 排卵日にHをする。 Hの後の3分間の逆立ち 夫は排卵3日前から禁欲 が、全てこれは、都市伝説、すなわち、事実ではない。 …

妊活 衝撃の事実(1)

いざ、妊活を始めようと産婦人科を訪れると説明を受けるのが、 これからどういう治療をしていくか。 通常、ステップアップ方式(6段階)の階段を、妊娠するまで、 駆け上がるのです。 費用も当然の事ながら、階段が高くなるほど、 高くなり…

妊活に不妊治療はいらない

妊活 産婦人科で起こっている現実

不妊は病気ではない。 昨夜、じゃ、今からブログを書こうと思ったら、 私のパソコンの画面が突然ブラックになり PCを触る作業ができなくなり いっき読んだ本がこれ。 この本の著者は、15年間で1000例以上の 体外受精の経験を持…

さらに記事を表示する

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー