最先端の妊娠情報をお届けして、赤ちゃんの誕生をサポート

menu

HELLO BABY♬ 素敵な妊娠の迎え方

妊活 自分の月経周期を知る

月経周期には、タイミングのぴったり合った複雑なホルモンの流れが関与しています。

正しい月経周期は人によって異なり、正常な排卵周期もさまざまです。

正常で規則正しい月経周期は、25日から35日ごとに5日間の月経がある場合、ホルモン分泌がほぼ順調であるといえます。

月経周期の平均的な長さは28日ですが、23日未満でも35日以上でも、正常な排卵周期はさまざまです。

月経周期
この周期を一般的に卵胞期と黄体期の2つに区分します。

卵胞期

卵巣内の卵胞成長を促す卵胞刺激ホルモン(FSH)が視床下部によるホルモン(GnRH)

の放出に反応して分泌します。

成熟していく卵胞はエストロゲン(卵胞ホルモン)を産生し、エストロゲン濃度が上がるにつれ、子宮内膜が厚くなります。この時は最高20個の卵子が卵胞内で成熟し始め、膣内を上昇します。

エストロゲンの一定の血中のレベルが一定の値に達すると、脳下垂体が突然大量の黄体形成ホルモン(LH)が分泌されその後FSHを産生。ホルモンからの合図に反応し、36時間以内に排卵が始まります。

黄体期

排卵後が黄体期。

この時期に女性の体は子宮を着床と妊娠に向けて準備します。

卵巣から卵胞ホルモンと黄体ホルモン(プロゲステロン)分泌され、子宮内側の子宮内膜に作用して

受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くする。受精卵のためのベッドづくりをするということ。受精が成立しなかった場合、このベッドは不要になるので、子宮内膜が剥がれ落ち、血液とともに子宮の外へと排出される。これが月経です。

【チェックポイント】

月経周期は人様々なので、周期が23日と短い場合、排卵は9日ぐらいで起こり、34日ある女性の場合は、排卵は21日目ぐらいまで起こりません。(黄体期が短い、つまり月経の14日前より排卵する女性もいます。 この短い周期は着床を妨げるおそれがあります。

参考文献 アリゾナ統合医療センター所長 ヴィクトリア・メイズ医師著  人活力・・・

東京女子医科大学 名誉教授   美しい人体図鑑

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2018年11月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930