外食の揚げ物に注意!発ガン性や糖尿病誘発のおそれ

外食の揚げ物には要注意です。揚げ油の原材料は大豆、菜種、トウモロコシなどが多いのですが、これらはほとんどが遺伝子組み換えによってつくられたものです。加えて、揚げ物をつくっている間に油が高温にさらされることによって酸化してしまいます。酸化した油ほど体に悪いものはありません。食べた後に酸っぱいゲップが出たら、食べた揚げ物に使われていた油が酸化していたことを疑うべきでしょう。

上記のような原材料の他に、揚げ油にはアブラヤシを原材料としたパーム油が使われることもあります。このパーム油がまた危険度が高く、発ガン作用があるといわれています。また、すい臓から出るホルモンであるインスリンの働きを阻害して、糖尿病の発症に影響を与えます。パーム油を使用した揚げ物は、できれば食べないほうがいいです。

しかし、パーティー料理で揚げ物は人気メニューのひとつです。皆さん、よく召し上がります。それは、多くの日本人が油不足だからです。ただし、不足しているのは揚げ物などに使われる油ではありません。私たちの体には、生きていくためにどうしても摂り込まなければならない栄養素があります。それを必須栄養素といいますが、そのうちの2つは油なのです。
 
正確に言いますと、必須脂肪酸です。それはオメガ3脂肪酸(アルファリノレン酸)と、オメガ6脂肪酸(リノール酸)です。この2つの脂肪酸は摂取バランスが重要で、おおよそ1:4、つまりオメガ3脂肪酸1に対してオメガ6脂肪酸4の割合で摂るべきだということがわかっています。
 
そして現代の日本人は、圧倒的にオメガ3脂肪酸が不足しているという点が重要なのです。油はなんでもいい、というわけではありません。しかし、残念ながら大豆油にも菜種油にもコーン油にも、パーム油にも、オメガ3脂肪酸はほとんど含まれてはいません。もっとも、熱に弱く酸化しやすいオメガ3脂肪酸が含まれている油で揚げ物をした場合、危険すぎて食べるわけにはいきません。

要するに、揚げ物に使われている油をいくら食べても、オメガ3脂肪酸不足は補えないのです。それどころか、摂取比率がどんどん悪いほうに傾いてしまい、より油不足が深刻になって体はさらに油を欲します。そしてまたオメガ3脂肪酸が含まれていない油を摂取するという悪循環に陥ってしまいます。結局、改善するためには積極的にオメガ3脂肪酸を摂取する以外にはないのです。

オメガ3脂肪酸を多く含む食用油は、亜麻仁油、しそ油、えごま油、インカインチオイルなどですが、ご存じない方のほうが多いのではないでしょうか。私たちは、上記のような油を、加熱せずに摂り続ける必要があります。
 
ちなみに植物油にはもうひとつ、オメガ9脂肪酸(オレイン酸)という種類もあり、これはオリーブオイルや椿油に多く含まれています。オメガ9脂肪酸は熱に強く、240度まで分解がおきないといわれていますので、家庭で揚げ物をつくるのに最も適しているのがこのオメガ9脂肪酸を多く含む油ということになります。普段から油の質に気を遣い、脂肪酸の比率をある程度考えながら食事をしたいものです。

Steve Jobs


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る