カプサイシンとカプシエイトについて

「カプサイシン」とは主にトウガラシに含まれている独特の辛さ成分のこと。他にもラー油、キムチ、豆板醤、コチュジャンなど身近な食品に含まれています。

カプサイシンはトウガラシの発汗作用のもとになる成分でカロテノイドの一種です。

カプサイシンの仕組みは「交感神経を刺激してアドレナリンの分泌を高める→アドレナリンが脂肪細胞に作用→貯蔵脂肪の分解と燃焼→エネルギー代謝を高める→体温上昇→血行が良くなり発汗する」というわけです。

全身の血流が良くなり、冷え性や肩こりの改善、疲労回復に役立ち、ダイエットにも効果を発揮します。貼り薬などの外用薬では神経痛を和らげる成分として使用されています。

さらに近年、新たにトウガラシから「カプシエイト」という辛味のない成分が発見されました。構造はカプサイシンと類似していますが、辛さはカプサイシンの1000分の1。脂肪燃焼や体温上昇効果、エネルギー代謝を高める効果があるのは同じです。

辛味や刺激が強いと多量に入れられないのですが、カプシエイトなら容易に添加することが可能なので、様々な応用に期待が寄せられています。

“冷えは万病のもと”。体を温める食事や生活を上手に取り入れましょう。

交感神経と副交感神経

交感神経は活動時やストレスを感じているとき、副交感神経はリラックスしているときや休息時に働きます。

健康な人は、この2つがバランスよく働いています。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る