コリンについて

コリンとは?

コリンは、ビタミンBに類似した水溶性ビタミン様物質に分類され、人間の体内においてアミノ酸のセリンから生合成されます。ビタミン様物質とは、体内においてビタミンと似た重要な働きをしますが、体内で合成でき、欠乏症が起こらないため、ビタミンと区別されているものの総称です。

一般にヒト及び哺乳動物において必ずしも栄養素として外部から摂取する必要がなく、その溶解性から水溶性と脂溶性に分類されます。

コリンは、かつては水溶性ビタミンに分類されていましたが、現在は水溶性ビタミン様物質として分類されています。

最初、豚の胆汁から抗脂肪肝因子として単離されたため、ギリシャ語の胆汁を意味する「chole」にちなんでコリンと命名されたそうです。

コリンは神経伝達物質であるアセチルコリンや、リン脂質であるレシチンなどの成分となります。

アセチルコリンには血管を拡張して血圧を下げる作用があります。

血液中のコレステロールが増加し、コレステロールが血管に付着するなどして血液の流れを悪化させると動脈硬化が起こる原因となります。

レシチンには血管壁へのコレステロールの沈着や肝臓への脂肪の蓄積を抑える効果があり、動脈硬化や脂肪肝、高血圧の予防につながります。

食品中にはホスファチジルコリン(レシチン)の構成成分として多量に含まれ、小腸から吸収されます。

卵黄の脂質に由来する成分に卵黄コリンがあり、アルツハイマー病に伴う認知障害及び記憶障害に対する効果が期待されています。

アルツハイマー病に伴う症状の一部はアセチルコリンの合成や利用が減少したためと考えられており、治療薬としてアセチルコリン分解酵素の活性を抑制して神経伝達を促進するものがあります。

認知症とコリンの関係

コリンは体内でつくられるビタミン様物質であり、外部から摂取する必要のある「必須ビタミン」とは分類が異りますが、高血圧の予防のほか神経障害の治療などにも使われており、体の健康にとって有効であるとわかっています。

そして近年、さまざまな研究から、脳の働きに関しても良い影響をもたらすのではないかと考えられています。

認知症の原因のひとつと考えられているのがアセチルコリンの減少です。アセチルコリンは脳内の神経伝達物質のひとつで、認知症の患者は顕著にアセチルコリンの活性が低いことが研究で明らかになっています。そして「コリン」はこのアセチルコリンの材料となる原物質です。食事などからコリンを摂取すると、体内でアセチルコリンに変換されます。

アメリカで行われた認知症を発症していない1391人を追跡した調査では、コリンを多く摂っていた人ほど、言語記憶や視覚記憶が優れていることが解っています。また、ノルウェーで行われた研究では、血液中のコリンの濃度が低い人ほど認知力にも低下傾向が見られることも解りました。

コリンの摂取は、脳の循環障害である「白質病変」にも関係があるといわれています。

ボストン大学によって行われた調査で、コリンを十分摂取したグループとそうでないグループでは、十分摂取しなかったグループに白質病変が多く見られたという結果がでています。この「白質病変」は、アルツハイマー型認知症の次に発症頻度が高い「脳血管性認知症」のリスクを高めるとされています。

コリンが含まれる食物

コリンは、卵黄、レバー、小麦、胚芽米、緑黄色野菜、大豆、酵母などに含まれています。コリンが体内で正しく作用するためにはビタミンB₁₂と葉酸、L-カルニチンが必要になります。

コリンの過剰症、欠乏症

コリンを過剰に摂取した場合の副作用は今のところ確認されていません。しかし、サプリメントなどを利用して長期にわたり大量のコリンを摂取し続けると、魚くさい体臭、胃腸の不調や嘔吐などの症状が現れることがあります。

そのため、アメリカではコリンを摂取する上限が推奨されています。14歳以上の男性で1日摂取量の目安は、男性は550mg、女性で400mgほどで、1日摂取量の上限は男女ともに3000㎎程度とされています。

コリンが豊富な食品は、他のビタミンBも含んでいますが、サプリメントを利用する場合には、ビタミンB12、葉酸、L-カルニチンが配合されているものがよりお勧めです。

偏った食生活によってコリンが欠乏するとコリンを含むリン脂質が合成されず、肝臓で作られた脂肪を肝臓外へ移送できなくなり脂肪肝を生じることがあります。

また、成長抑制、不妊症、高血圧、腎不全、記憶障害などが起こる可能性があります。

ダイエットに関わるコリンの効果

コリンは、糖質と脂質の代謝に関わっています。直接代謝を上げる作用はありませんが、消化酵素や代謝酵素の補酵素として、糖質と脂質の代謝には欠かせない物質なのです。代謝を上げることは、ダイエットにとってはとても大切なこと。効率よく脂肪を燃やしてエネルギーを作っていくには、代謝が低いと対処ができないのです。

コリンが不足すると、代謝に異常が出るだけでなく、肝臓に負担がかかり肝硬変や肝脂肪、ひどくなると肝ガンになる可能性もあります。コリンは肝臓にたまった脂肪を融解して血液中に放出し、体外に排出する役目ももっています。

コリンの美容効果

コリンはビタミン様物質とも呼ばれ、ビタミンに似た働きを持っています。肝臓の保護、肝疾患の予防に効果がある他、ナトリウムの排出を促進するため、むくみ予防にも効果が期待できます。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る