糖尿病と栄養の関係性について

糖尿病は、インスリンの作用不足によって血糖値が下がらなくなり、様々な合併症を発症する病気です。合併症には脳卒中や心不全、視力低下、慢性腎臓病、神経障害、皮膚の障害などがありますし、感染症にかかりやすく、傷の治りが悪いといったことも起こります。

インスリンは膵臓の内にあるランゲルハンス島のβ細胞から放出されるホルモンで、血中のブドウ糖を肝臓や筋肉、脂肪組織などの細胞に取り込み、肝臓からのブドウ糖の放出を制限します。この働きによって血糖値を下げるのですが、インスリン以外に私たちの身体には血糖値を下げる物質がほとんど無いため、その影響は甚大です。

作用不足が生じる原因は、インスリン分泌量の低下と、インスリン抵抗性の増大、すなわちインスリンが効かなくなることです。インスリンの分泌量が低下する場合を1型、インスリン抵抗性が増大する場合を2型と呼びますが、そのどちらにも遺伝子的要因と環境的要因(ウイルス感染や栄養の偏りなど)が関わっています。

日本人に多いのは2型で、動物性脂肪の摂り過ぎによるものです。そのため初めは太っている人が多いのですが、病気が進行するにつれて痩せていきます。なぜかというと、治療によって投与エネルギーを制限されるという事情もありますが、糖をうまく利用できなくなるために脂肪の分解が進み、筋肉のタンパク質も消費されていくからです。

糖尿病の栄養管理でポイントとなるのは、食物繊維の使い方です。食事をすると誰でも血糖値が上がりますが、糖尿病患者は血糖値の上昇にインスリンの分泌が間に合わないため、ブドウ糖を細胞に取り込めません。ところが、消化管の中に食物繊維があると、糖の吸収が緩やかになり、血糖値の上昇も緩やかになります。血糖値の上昇が緩やかであれば、インスリンの分泌量が少なくても、働きが弱くても、何とか対処できます。また脂肪の吸収も、食物繊維があると緩やかになります。

したがって、実際の食事では食べる順番が重要で、ご飯やパン、肉などよりも、食物繊維が豊富な野菜や豆、海藻などを先に食べるようにします。こうすることで、血糖値の急激な上昇を防ぐことができるからです。

また、ビタミンやミネラルが欠乏すると代謝が落ちてしまいますから、バランスの良い食事をしてビタミンやミネラルが不足しないようにすることが大事です。特に亜鉛はインスリンの生成に欠かせない物質で、亜鉛が欠乏するとインスリンがきちんと分泌されなくなってしまいますから、意識して摂るようにすると良いでしょう。亜鉛を豊富に含む食品としては、牡蠣(かき)やカツオをはじめとする魚介類、小麦胚芽やレバーなどがあります。

narumi500_333


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る