抗ガン剤治療のダメージを和らげる為の栄養とは

手術のように身体を切るわけではありませんが、抗ガン剤治療もかなり侵襲の大きい治療法です。抗ガン剤はガン細胞には障害を与えますが、基本的には劇薬または毒薬に分類される薬で、健常組織には いわば毒物です。

それを処理するには大量のエネルギーが要りますし、副作用も強く出ます。特に、抗ガン剤を代謝する肝臓や腎臓には毒性が強く出て、肝細胞や腎細胞は多大なダメージを受けます。

そのダメージを補うには、タンパク質とエネルギーを補うのはもちろん、抗酸化作用のあるコエンザイムQ10やビタミンA、C、E、そして微量元素の亜鉛などをたくさん摂る必要があります。

narumi500_333


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る