葉酸について

記憶力のサポートにも役立つ

「葉酸」はビタミンM、ビタミンB₉、プテロイルグルタミン酸とも呼ばれています。ホウレン草やブロッコリー、アスパラガス、芽キャベツ、モロヘイヤ・・・名前のとおり、植物の緑の葉の部分に多く含まれています。他には鶏や牛のレバー、果物類、納豆などにも多く含まれています。

この葉酸の仕事は、ビタミンB₁₂とコンビを組んで赤血球を作ることです。赤血球は血液の主成分で体中に酸素を届けています。他にもタンパク質や細胞を作るときに必要な、遺伝子情報が詰まったDNAを作る手助けもしています。

妊娠中に不足すると産まれてくる子供に異常が出る場合もあります。順調な成長を促すためにも妊娠前からの摂取がお勧めです。また、葉酸は記憶力の衰えや物忘れの予防にも役立っているといわれています。思い当たる人は不足しているのかもしれませんよ。

葉酸は水溶性のビタミンで熱に弱いです。調理中に壊れやすいので新鮮な野菜や果物など生で食べられるものは生食を。腸内細菌によって体内でも一部合成できますのでバランスの良い食事をしていれば大丈夫です。不足すると貧血を起こしたり、全身の酸素が少なくなり脱力感、肌荒れや口内炎になりやすいですよ。タバコやお酒が好きな人は葉酸を消費する量が多くなる傾向にありますので多めに摂りましょう。

葉酸を多く含む食品(1食あたりの含有量)

  1. 1.鶏レバー 焼き鳥2本=60g・・・780μg
  2. 2.菜の花 1/4束=50g・・・170μg
  3. 3.モロヘイヤ 1/2袋=55g・・・138μg
  4. 4.ブロッコリー 1/4個=60g・・・126μg


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る