GABA(ギャバ)について

ギャバとはどんな成分?

ギャバは人間の体や動植物に存在するアミノ酸で、ガンマ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABA(ギャバ)と呼びます。タンパク質を形成するアミノ酸とは違って、哺乳動物の脳や脊髄に存在します。漢方では棕櫚(しゅろ)や黄ぎ(おうぎ)に含まれており、古くから高血圧の改善薬として使われてきました。

ギャバは、1950年に哺乳類の脳から抽出されました。抑制系の神経伝達物質として脳の中の血液の流れを促進して酸素の供給を多くしたり、脳細胞の働きを活発化させたりする役割を果たしています。この働きを利用したギャバを含むサプリメントなどの食品が登場し、プロのアスリートを始めとしてストレスの解消・改善対策に利用されています。

ギャバの科学的な根拠とは?

ギャバの機能性に関する研究は、多くの大学や研究機関で行われています。その結果、ギャバには外部からの刺激によって生じた、ヒトの精神的なストレスを緩和させる機能があると報告されています。

ストレスの度合いを測定する指標として、微弱な精神的ストレスに対しても早期に反応するタンパク質のひとつ「クロモグラニンA」や、身体的な強いストレスに影響が現れる「コルチゾール」、そして「脳波」などがありますが、各研究論文によると、ギャバを含む食品を摂取した際、上記のストレス指標にも変動が現れた結果も報告されています。
その内容については以下の通りです。

1.脳波(α派)を増加させる

ギャバを摂取したことで、ヒトや動物が安静(リラックス)している時の脳波状態である「α波」の増加または減少抑制が確認され、その結果、精神的ストレスを緩和させるギャバの機能性が認められました。

2.クロモグラニンAの上昇を抑える

クロモグラニンAとは、ストレスを客観的に測定する指標の一つで、強いストレス状態に置かれると、唾液中に高濃度に含まれる特徴があります。研究結果によると、ギャバを含む食品を摂取した場合、クロモグラニンAの減少または上昇の抑制が確認され、その有効性が認められると判断されました。

3.コルチゾールの上昇を抑える

コルチゾールとは、副腎皮質から分泌されるホルモンで、糖質コルチノイドの一種。過度なストレスを受けると分泌量が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。ギャバには、その分泌量の上昇を抑える効果があると研究結果でも認められています。

ギャバの効能・効果

ギャバは抑制系の神経伝達物質としての働きを持ちます。ドーパミンなど興奮系の神経伝達物質の過剰分泌を抑えて興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割を持ちます。ギャバは、深い眠りに落ちているときに作られます。ギャバが少なくなると、睡眠障害や自律神経失調症、うつ病、アルツハイマーなどの原因になります。ギャバを摂取することによって腎臓が活性化し、血液中の塩分のろ過が促されます。その結果、利尿作用が高まって血圧が下がるので高血圧の予防になります。

血液中のコレステロールや中性脂肪の働きを抑制して脂肪の代謝を促進する働きも持つので、肥満や糖尿病の予防効果があります。また、肝臓の働きも良くなりアルコールの代謝がアップするので、お酒を飲む人にはおすすめしたい成分です。逆に授乳中・妊娠中の人はギャバの摂取はできるだけ控えたほうがよいでしょう。

ギャバを含む食品・利用法

ギャバは体内で十分な量が作り出されるのですが、年齢が高くなると減少する傾向があります。その場合に効率良くギャバを摂取するには発芽玄米がおすすめです。発芽玄米100g中には10mgのギャバが含まれ、白米や玄米の数倍の量になると言われています。

ギャバは発酵食品に豊富で、ぬか漬けなどの漬物・味噌を食べることで体内に摂り入れることができます。グルタミン酸やイチョウ葉エキスから合成されますし、トマト、なす、かぼちゃ、きゅうり、アスパラガス、みかん、メロンなどの野菜や果物、キムチに含まれる乳酸菌からギャバを作り出せることが分かり、チョコレート、アメ、コーヒー、しょう油等の添加物に使われています。また、ギャバを作り出すのに欠かせない栄養素として、ビタミンB₆が挙げられますが、この栄養素は主にカツオやマグロに多く含まれます。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る