小麦アルブミンについて

トクホ認定も受けた糖尿病予防効果

小麦アルブミンとは、小麦に含まれている水溶性タンパク質を抽出して生成されたものです。唾液や膵液に含まれる消化酵素アミラーゼの働きを阻害して穏やかにし、糖の吸収を緩やかにする働きがあります。

アミラーゼの働きにでんぷんなどの分解があります。でんぷんはそのままでは体内に吸収されることなく、分解されて初めて体内に取り込まれます。

その働きを担っているのが消化酵素であり、消化酵素の働きが弱いと消化吸収されることなく体外に排出されてしまいます。

食後の急な血糖値上昇を防ぐことによってインスリンの分泌を減らすとして、糖尿病用の特定保健用食品(トクホ)としても認可されています。

ただし、効果があるのはデンプン質による血糖値の上昇だけで、果糖による上昇を抑えることはできません。

小麦から摂取しようとするとエネルギーが多くなりすぎるため、糖尿病への効果を期待するならサプリメントで摂るのが良いでしょう。

基本的には食事を節制したり運動を行うこと、病院で血糖値に対して相談するなどとし、サプリメントに全てを託すようなことは慎むべきだと思います。

小麦アルブミンは摂取しすぎると消化不良を引き起こし腹痛や下痢を引き起こすことがあるので、摂取する際には様子を見ながら自分に合った量を見つけて行いましょう。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る