酵素について

酵素は体の中に約2万種類以上も存在する成分で、体内のあらゆる化学反応に対し、触媒として機能しているタンパク質のことです。体内で起こる生体反応の全てを担っているといっても良いでしょう。体に栄養素を摂取しただけでは何の効果もないのですけど、酵素が働くことで、ようやく摂取した栄養素がエネルギーに換わるわけです。

酵素には食べ物を分解する役割の「消化酵素」、栄養素を利用して体の修復や再生を図る役割の「代謝酵素」があります。消化酵素と代謝酵素の2つは元々体に存在していますが、食べることで摂取できる「食物酵素」もあります。

酵素の大きさは種類によって異なりますが、極めて小さく、顕微鏡でも見られないほどです。酵素が不足すると全ての代謝が落ち、血流が悪くなりますので、老化現象から生活習慣病、ガンなどを引き起こすことになります。

触媒とは

触媒とは、それ自身は変化しませんが、他の物質の化学反応の仲立ちとなって、反応の速度を速めたり、遅らせたりする物質のことです。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る