オロト酸について

肝機能障害や老化を防ぐ

オロト酸(オロット酸・オロチン酸・ウラシル6-カルボン酸)は、乳清(ヨーグルトの表面に溜まっている水分の部分)から発見された複素芳香環化合物です。

アルコール発酵成就残物からネズミの成長促進因子としても発見されたのでビタミンB₁₃とも呼ばれますが、正式にはビタミン様物質(人間を含む多くの高等動物は生合成できますので必須ビタミンではありません)で、水溶性のビタミンとして知られています。

オロト酸は葉酸やビタミンB₁₂の代謝を助ける働きがあります。

葉酸は体内でDNAを形成する役割があり、妊婦さんが積極的に摂った方がいい栄養素であり、ビタミンB12は貧血を防ぐ働きがあります。そのため、オロト酸は女性に嬉しい味方となっているのです。

体内ではアスパラギン酸などから合成され、肝臓の障害や、早過ぎる老化を防ぐ働きがあるといわれています。

しかし、そのほかの働きについては、まだ分かっていないことが多く、今後の研究が期待されています。

オロト酸を多く含む食品

  • 根菜類(じゃがいも、ニンジンなど)
  • 小麦胚芽
  • ビール酵母


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る