ポリフェノールについて

抗酸化作用+αの働き

「ポリフェノール」とは、機能性成分の1つで、多くの植物に存在する色素や苦み、渋みの成分となる化合物の総称です。5000種類以上あるともいわれています。ポリフェノールは色素成分であるフラボノイド系と、色素以外の成分であるフェノール酸系に分けられます。どちらにしても活性酸素を消去する抗酸化作用があるため、若々しさを保つには嬉しい成分ですね。

そのほかにも殺菌作用、女性ホルモン様作用、目の機能改善、アレルギー抑制、血行促進、肝機能の強化など、それぞれの種類が独特の機能を持っています。

水に溶けやすく吸収されやすいので、摂取してから約30分後には体内で抗酸化作用を発揮し始めます。ただし、たくさん摂取しても体内には ほとんど貯蔵されず排泄されてしまいます。即効性はあっても、その効果は2~3時間しか続きません。少しずつでもいいので毎食、摂取することが大切です。

色のポリフェノール

ポリフェノールは植物の光合成によってできる成分で、ほとんどの植物の葉や茎などに含まれています。色素成分であるポリフェノール系のほうが、それ以外のフェノール酸系よりも種類は多く、数千種類が確認されています。

それぞれに異なる機能がありますが、いずれにしても強力な抗酸化作用を持っていることが特徴です。毛細血管の浸透性を向上させて血圧を安定させたり、高血糖になりにくくしたり、体に良いとされる効果がたくさん期待できます。

近年ではサプリメントのテレビCMが頻繁に流れますから、難しい名前も耳にするようになりました。たとえば赤~青色の色素成分であるアントシアニン。ブルーベリーやブドウなどに多く含まれ、視覚機能を高めることから、目に良いとされています。

無色~淡黄色の色素成分であるイソフラボンは大豆の胚芽部分に多く含まれ、女性ホルモンの1つ、エストロゲンに似た働きを持つといわれています。更年期障害や骨粗しょう症の予防に良いとされるので女性には欠かせません。

野菜や果物は、緑、赤、青、黄色、黄緑、紫・・・と色鮮やかなものが多くて、食卓も華やぎます。毎日、キレイな色の野菜を食べていれば、自然とポリフェノール
を取り入れることができるってことです。

【ナスニン】

ナスの皮に含まれるアントシアニン系の紫色の色素。強い抗酸化力を持ち、眼精疲労の緩和や動脈硬化の予防などに役立ちます。

【ケルセチン】

玉ネギ、ホウレン草、ブロッコリーなどに含まれる淡黄色の色素成分。LDLコレステロールの酸化防止、心臓病予防などの効果があります。

【テアフラビン】

紅茶の発酵過程で作られる橙赤色の成分。抗菌、抗ウイルス、高血圧抑制などの作用があります。

【クルクミン】

ターメリック(うこん)やマスタードに含まれる黄色い色素成分。肝機能を強化し、肝炎や肝臓障害に効果があります。

【ルチン】

柑橘類やソバに含まれる淡黄色の成分。毛細血管の強化作用があり、心臓、動脈硬化、高血圧を予防します。

【アントシアニン】

プルーンやブルーベリー、柿などに含まれる赤~青色の色素成分。血行の改善や視力回復などに効果があります。

【ゲニステイン、ダイゼイン】

無色~淡黄色の色素成分で、女性ホルモンのエストロゲンに似た作用があります。いずれもイソフラボンの一種で、大豆や大豆製品に豊富に含まれます。

味のポリフェノール

疲れたときのティータイムは、栄養学的にも疲労回復するためにも本当に必要なことです。なぜなら、お茶やコーヒーなどに特有な苦みや渋みは、まさにポリフェノールだからです。

緑茶を入れたときの淡黄色はカテキンの色で、湯飲みや急須について取れにくい茶渋の元でもあります。紅茶は茶葉を発酵させたお茶で、カテキンが結合して分子量の大きいタンニンとして含まれ、強力な抗酸化作用を示します。コーヒーの苦味成分であるクロロゲン酸は胃酸の分泌を促進しますし、ココアにはカカオマスポリフェノールが含まれています。柑橘系の苦味成分は毛細血管を強化して血中脂質(主にコレステロールや中性脂肪)や血流の改善、抗アレルギーなどに効果があります。

ポリフェノールは野菜や果物の皮に多く含まれています。昔から果物は皮と身の間に栄養が詰まっているといわれていますので、よく洗って皮ごと食べられる果物は皮ごと食べましょう。苦み、渋み、えぐみ成分として大豆サポニン、高麗人参サポニンというのもあります。

【ヘスペリジン、ナリンゲニン】

グレープフルーツなど、柑橘類の皮に多く含まれる苦味成分。毛細血管を強化して血流改善、発ガン抑制などの作用があります。ナリンゲニンはオレンジやトマトにも含まれます。

【カカオマスポリフェノール】

チョコレートやココアの原料であるカカオ豆に含まれます。ピロリ菌や病原性大腸菌の増殖抑制、虫歯予防、ストレス解消に効果があります。

【カテキン】

緑茶に最も多く、番茶、紅茶、烏龍茶などに含まれる茶の渋み成分。血圧上昇抑制、抗ガン、殺菌、抗アレルギー作用などがあります。

【クロロゲン酸、カフェ酸】

コーヒー特有の香りと色の成分。コーヒーを焙煎することによってクロロゲン酸がカフェ酸に分解されます。肝ガン、肝硬変の予防など。

【ショウガオール】

ショウガの辛味成分ジンゲロールは、加熱するとショウガオールに変化します。鎮痛作用、抗菌、血行促進作用などがあります。

【大豆サポニン】

大豆や大豆製品に含まれる苦みや渋みなどの成分。強い抗酸化作用があり、肝機能改善、免疫力向上などに働きます。

【その他のサポニン】

高麗人参のほか、アスパラガスやホウレン草、ウーロン茶などに含まれます。免疫力を高めてガンを予防する効果があります。


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る