プリン体を含まない焼酎やウイスキーでも多く飲めば尿酸値は上がる

健康診断で尿酸値が高め、などと指摘されている人は、ビールに含まれる「プリン体」が気になるでしょう。確かに、ビールに限らず一般的に醸造酒にはプリン体が多く含まれていますので、飲みすぎには気をつけていただきたいところです。

とはいえ、ビールは最初の一杯だけにして、あとは焼酎にすれば大丈夫というわけではありません。医者も尿酸値が高い人に対して「ビールはあまり飲まないように」という指導をするため、ビールだけが大敵のように思われがちですが、それは違います。

焼酎にも、日本酒にも、ワインにも含まれているアルコールは、分解の際に尿酸を産生します。加えて、アルコールは尿酸を尿中に排泄する働きも阻害するので、否応なしに尿酸値が上がってしまうのです。つまり、お酒は何を飲んでも尿酸値が上がってしまうのです。

「ビールをたくさん飲んだ後に痛風発作が起こった」という話を聞いたことがあるかもしれませんが、それはビールがほかのアルコールと比べてプリン体を多く含んでいるため、痛風発作が起きやすいというわけなのです。しかし、プリン体を含まない焼酎やウイスキーなどの蒸留酒でも多く飲めば尿酸値は上がるので、飲みすぎないことが肝心なのです。

また、350ml缶ビール1本にはプリン体が約20mg含まれていますが、牛肉や豚肉100gには約100mgのプリン体が含まれているほか、鶏モモ肉には122mg、ウナギには92mg、納豆には113mg、サンマには150mg、エビには195mg、カツオには200mg、レバーには300mg、あんきもには400mgも含まれているといわれています。

すなわち、敵はビールだけではありません。むしろ、ビールより肉や魚などの動物性たんぱく質のほうが、尿酸値を上げる原因かもしれません。ビールを飲む際に注意しなくてはいけないのは、ビアガーデンなどで大きなジョッキに何杯も飲んでしまうことです。

屋上の涼風に吹かれて、ネクタイをはずして気分もゆるみ、おいしさゆえについ羽目を外して、おかわりしたくなる気持ちもわかりますが、やはり一番大事なのは我が身です。「お酒は適量」ということを肝に銘じていただきたいところです。
 
最後に、もう一つだけ注意しておいていただきたいのは、とんこつラーメンです。とても大量のプリン体が入っていますので、間違っても「締めに一杯・・・」などと考えないようにしてください。

steve_jobs


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る