セレンについて

毒素から若々しい体を守る

「セレン」は細胞の老化を予防する働きを持っているミネラルのひとつです。老化の原因となる過酸化酵素を取り除く、グルタチオンペルオキシダーゼという酵素の構成成分になります。

成人の体内に約13mg含まれていて、小腸上部から吸収され、尿中への排泄量によって調節されています。

シワや白髪が増えたり、血管がもろくなって病気になったときにグルタチオンペルオキシダーゼがフル活動で活性酸素を除き、老化を防ぎます。

また、セレンはイオウ、ヒ素、カドミウム、水銀などと拮抗(きっこう)作用を示し、毒素から若々しい体を守る力もあります。近年は免疫機能の強化や、感染症、ガンを防ぐ効果が期待できると注目されています。

セレンは日本の土壌中に適度に含まれているので、通常の食事では欠乏症の心配はありません。食品中ではタンパク質に結合していて、アンコウの肝、タラコ、カツオ、クロマグロ、ズワイガニなどの魚介類や豚レバー、卵、レンズ豆などに豊富に含まれています。老化防止の力を持っているビタミンCやビタミンEなどの栄養素と一緒に摂取すると抗酸化作用の効果も倍増します。

摂取量が多くなるということは滅多にありませんが、摂り過ぎると脱毛や爪の変形、免疫機能の低下につながります。

セレンを摂り過ぎると・・・

土壌のセレン濃度の高い地域では脱毛や爪の変形などの慢性セレン中毒症状が見られます。日本では過剰症が生じる可能性は ほとんどありません。

セレンを多く含む食品

  1. マガレイ 1切れ=100g・・・110μg
  2. クロマグロ赤身 刺身6切れ=90g・・・99μg
  3. スパゲッティ(乾) 1皿分=100g・・・63μg


雑学・豆知識 ブログランキングへ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る